寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

八王子N広場へ②

 パノラマDXを走らせながら銀河を配置します。
f0087933_10421726.jpg

 実は今日一番の目的はボディマウントTNカプラーにした銀河の走りをチェックするためです。
 パノラマDXは台車のTNカプラーですがやはり装着は難儀しました。全車ボディマウントにしただと装着が格段に楽です(^^。初めてN広場に来た時は銀河は全車輌台車マウントTNだったので大変でした(^^;

 早速走らせます。






f0087933_10444042.jpg

 順調にスロープを下っていきますが・・・・・。
f0087933_10451159.jpg

 上り坂で立ち往生です(^^;
f0087933_10454265.jpg

 1号車オロネと2号車オハネの間のオシ24が脱線してしまいました・・・・・。レイアウトの真ん中だったので車輌を取ることもできません^^;早速、社長さんにヘルプコールしました。

 脱線を直してもらってバックで無事帰還です。上り坂での出来事だったので機関車の走りが悪いのではないかということで八王子N広場に来ること5回目にして初めて車輌の手入れのレクチャーを受けました。
 N広場には数ヶ所、M車メンテナンス用のコーナーがあります。
f0087933_10504777.jpg

 線路は通電していてM車の台車を触れさせると台車が回転します。
f0087933_10512123.jpg

 線路に接地させている反対側の台車は空回りするのでその車輌を無水エタノールをつけた綿棒でこすります。
f0087933_10522011.jpg

 無水エタノールです。

 そうすると通電がよくなってM車の動きは格段によくなります。

 で気を取り直して再度、銀河を走らせます。すると・・・・・、やはり同じ箇所でオシ24が脱線です・・・・・。川井さんにお話して、中央の池(サンダーバード秘密基地?!)サンダーバード1号よろしく自分でレスキューしました。
f0087933_10544842.jpg

 ここの池がサンダーバード1号の基地のように開いて列車をレスキューすることができます。(よく考えてあります・・・・・が、迷惑かけてすいません・・・・・反省です)
 
f0087933_10575840.jpg

 無事に戻ってきましたが・・・・、
f0087933_1171733.jpg

 A寝台の私?が心配そうにしています。
f0087933_10593521.jpg

f0087933_10595419.jpg

 食堂車の人たちは運行支障に関係なく飲食を楽しんでいます。
f0087933_11198.jpg


 原因が判明しました。ボディマウント交換、最初はオロネだけしていたのですが取り付け位置が他の車輌とくらべて遊びがないきつい状態になっています。さらにオシのTNカプラーの動きがかたくなっていたため脱線した模様です。そこでオシをオロネから離して中間に移し、オシのカプラーを指で動かしてなじませることにいました。

「本日は寝台急行銀河号をご利用いただきありがとうございます。銀河号、ただいま安全確認のため停車しております。今しばらく運行までお待ちください・・・・。お急ぎのところご迷惑をおかけして心よりお詫び申し上げます。」
 っといったところでしょうか^^;。


 
Commented by Bluemoon70 at 2006-11-29 13:45
ブログ、旦那にばれていたんですよ~。
書いていることばれてしまって・・・
新しいブログです。
http://hisayan.exblog.jp/
これからもよろしく!
Commented by スコッチ at 2006-11-29 23:27 x
やまさん、こんばんは。
ボディマウント式の場合は、どうしてもそのような問題が付きまといます。

TNカプラーはその性質上どうしても連結部のアソビがなくなってしまいます。
そのため客車のようにどちらか一端に動力車をつなぐ必要のある編成では、牽引によるショックがそのまま最後部まで伝わってしまい、脱線が避けられないのです。

これを解決するにはカプラーを換えるか、車両のウェイト量を増やすしかありません。

12系以外のトミックス製客車がボディマウント式TNに対応しないのは、そういう意味もあるんでしょうかね。
Commented by yamasanginga at 2006-11-30 09:37
Bluemoonさん、こんにちは。
 ブログの件、旦那様にばれてしまったのですか・・・・・。経緯はわかりませんが日記を盗み見するような感じでしたら感心しませんね。
 ブログのアドレス変更、了解しました。
 
Commented by yamasanginga at 2006-11-30 09:44
 スコッチさん、こんにちは。
 今回の脱線、オシ24につけたTNカプラーの動き不良、オロネ24のカプラー取り付けが数ミリ中側に入ってしまったことが原因のようです。オシ24のカプラーをよく動くようにしてオハネとオハネの間、中間に移動させることにより脱線はしなくなりました。

>車両のウェイト量を増やすしかありません。
 車輌のボディウエイトを増やすと集電もよくなりますし是非行いたいですね。ウエイトが増した分はM車を増やす必要があるかもしれませんね。
 ブルトレ用には先日、カニ24M車が発売されましたがカニ24は機関車の直後か最後尾にしか取り付けられません。最後尾だと機関車よりパワーがあると脱線を誘発しそうなのでやはり機関車につける形ですよね。
 そう考えると中間車輌でM車が2台な場合はM車同士の相性がよくないと脱線を誘発しそうですね。

Commented by i-qss at 2006-11-30 17:35
yamasangingaさん、こんにちは。
BMTNに限りませんが、ちょっとしたことが原因なんですよね。
先日のレサレムフセットのKATOナックルでも同様のようで・・・
何にしても原因が分かって良かったですよね。以後気持ちよく走らせられたようですし。(^_^)
Commented by yamasanginga at 2006-11-30 21:30
 takaさん、こんばんは。
 その後は順調に走ってくれてなによりでした(^^
 BMTN、微妙なところでトラブルになります。今後の車輌については元々HGでBMTNであったり無加工で取り付けられる場合を除いては積極的に導入は考えていません。
by yamasanginga | 2006-11-29 11:04 | 八王子N広場 | Comments(6)