寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

f0087933_9335412.jpg

「ADHDの子どもと生きる教室」(大和久勝著・新日本出版社)

 ADHDの子どもを担任した先生がその子をよい方向に持っていくのにどのようにしていかれたか書かれています。
 担任の先生、その他の先生方、教室の子どもたち、家庭が一体となってADHDの子どもと接し成長していった記録です。
by yamasanginga | 2011-02-26 09:20 | 読書 | Comments(2)

あゝ青春零戦隊(読書)

f0087933_16343938.jpg

「あゝ青春零戦隊」(小高登貫著・光人社)

 零戦搭乗員として戦争を戦った小高登貫氏が当時の事を書かれたものです。先日読んだ、「ラバウル空戦記」に載っていた写真、仲間に囲まれて素晴らしい笑顔をしていた小高登貫氏が印象に残っていました。そこで同氏が書いた著書を読んでみようと思い購入しました。

 日々の戦闘だけでなく休みには羽目を外したり戦時ながら青春を謳歌されていた様子が伝わってきます。

 ラバウルでの激闘、40機ほどの零戦隊が160~200機の敵機群を圧倒していたのですね!

 特攻隊、著者も志願していたそうです。セブ島から7機(1機は確認機)が出撃したのがはじめての特別攻撃隊だそうです。
 著者はセブ島からの第四回目の特別攻撃隊出撃の際、確認機として出撃しています。特別攻撃隊3機と出撃します。僚機の突撃の様子、脳裏から離れないそうです。そして、帰投の時には彼らの最後の様子・戦果を伝えなければならない責任から絶対撃墜されてはいけない!といつも以上に緊張したそうです。
 著者はその後、特別攻撃の機会を得ないまま後進の教育育成のため内地へ帰還命令が出ます。が、同僚や部下の死を見てきて、「自分だけ生きて帰るわけにはいかない」と司令に直訴したことが書いてあります・・・・・。

 また、零戦4機で敵機動部隊に奇襲をかけた様子も書かれています。まともにいったのではどうしようもないので夜明け前に出撃、レーダーにかからないように超低高度で侵入します。奇襲が成功して見事敵空母上の艦載機15機を撃破したくだり、感動しました!こんな事があったとは知りませんでした。

 また343航空隊(剣部隊)においてB29の迎撃任務も行いますが、B29を恐れることなく果敢に任務を遂行し終戦を迎えます。(一式陸攻に乗って移動する際、対空戦闘用機銃席についてどのような方位に射撃ができるのかなど確認しています。こういった事も活かされたと思います)
by yamasanginga | 2011-02-25 12:00 | 読書 | Comments(4)
 暮れからは走り込みの方は控えてこのようなものをやっています。
f0087933_18475450.jpg

f0087933_18493776.jpg

 かみさんがやっていたダイエット系の体操?なんですが試しにやってみたらお腹の脂肪が落ちて筋肉がついたりトレーニング効果だけでなくシェイプアップ効果もあるんですよね。膝を傷めていたこともあったので走り込みは控えてこちらの方をメインにしています。

 走り込みを控えた分膝の方、だいぶ調子がいいというか痛みがなくなりました!(^^こないだ息子とサッカーをやりましたが膝の方、全く問題なかったです。
by yamasanginga | 2011-02-24 18:52 | 走り込み | Comments(2)

深浦高校野球部(読書)

f0087933_10443076.jpg

「深浦高校野球部」(川井龍介著/講談社彩流社)
 昨年図書館で借りて読みました。

 深浦高校というより、甲子園予選の県大会で0対122で大敗した高校と言った方がわかりやすい?かもしれません。
 
 最初、その報告を聞いたとき、
「しっかりとした準備もなく大会に参加したのだろうか。私なら出ないかな・・・・・。でもルールで出場してはいけないという規定がないのだから別に問題ないか」
 まあ、当事者しか参加の事情その他わからないですからね。むしろ驚いたのはマスコミが異常に取り上げたことですかね(苦笑)

 大敗の後、紆余曲折がありながらも見事に初勝利をあげます!この経験は選手・監督その他、周りでサポートした人たちにとってかけがいのないものとなったことでしょう(^^
 大敗はともかくそれを後に活かしていくことが大切ですよね。
 
by yamasanginga | 2011-02-23 10:52 | 読書 | Comments(0)

SBDドーントレス

 ミッドウェー海戦の主役?、SBDドーントレスを塗装しました。
f0087933_912665.jpg


続きはこちらをクリックしてください。
by yamasanginga | 2011-02-22 07:07 | ウオーターラインシリーズ | Comments(4)
 近所のリサイクルショップに顔を出したところ思わぬものが・・・・・・、
f0087933_137171.jpg

 空母エンタープライズ、500円也です。旧い品でしたが迷わず購入しました!

続きはこちらをクリックしてください
by yamasanginga | 2011-02-21 13:11 | ウオーターラインシリーズ | Comments(4)
 走る時や車を運転するときにいつも使っている度付サングラスですが、週末に見当たらなくなってしまいました・・・・・。
 必死で探したのですがどこにもなく立ち歩いた先に電話したところ、いつも利用する家電量販店に保管してくださっているとのことで速攻でとりにいきました!
f0087933_10293160.jpg

 いやー、見つかってよかったです!〇ーズデンキ様、感謝感謝であります!(^^
f0087933_4151496.jpg

 フルマラソンを走っている時の写真です。このサングラス、私にとっては歴戦のツワモノ瑞鶴です!(謎)
by yamasanginga | 2011-02-20 10:26 | 鉄道・雑誌 | Comments(2)

スタジオアリス

 週末、娘の七・五・三のお祝いにスタジオアリスに写真を撮ってもらいにいきました。
 
 撮影料が3150円だったので気安く行ったのですが現像してもらう写真や台紙のお金は合計で3万円以上します!!ぼったくりなのではないか!とも思い、「スタジオアリス ぼろ儲け」や「スタジオアリス ぼったくり」で検索してみました。いろいろヒットするのですが皆さん結局は「かわいい子供の写真なので仕上がり料金が高くてもついつい何枚も注文してしまう(^^」というものでした。撮影が終わってコンピュータで画像を選ぶのですがやはりついつい頼む枚数が増えてしまいました(苦笑)衣装を着たかわいい子供の写真を見せられたら何も言えません(笑)撮影料はともかく衣装を選べて写真もしっかりしたものを提供してくれるのでしょうから。
 多くの方が祖父母の方々を伴ってきていてこういったスポンサーからの資金も影響しているのでしょう。大盛況でした!この業界には不況の影響はないようです。
by yamasanginga | 2011-02-19 16:50 | 日々の出来事 | Comments(0)

暁の珊瑚海(読書)

f0087933_8584886.jpg

「暁の珊瑚海」(森史郎著・文春文庫)
 
 太平洋戦争において初めて日米の空母同士が対決した珊瑚海海戦についての本です。

 基地攻撃を基本とするが敵艦隊がいればこれを撃滅するという作戦、索敵の不備で好機を逃す・・・・・、ミッドウェー海戦のようです。
 薄暮攻撃をしかけますが敵レーダーに捕捉され、敵戦闘機の攻撃を受け何の成果もあげられずに大きな被害をこうむります。
 翌日には敵を捕捉して総攻撃をしかけますが強力な対空砲火によって航空隊は甚大な被害を受けます。

 レーダーの脅威と対空火力の脅威、日本の航空機の脆弱性、改めて痛感させられました。現場でのショックは相当のものだったことでしょう。
 いくら優秀なパイロットを育てても飛行機が脆かったらどうしようもないですからね・・・・・・。

 索敵の不備などから好機を逸したものの、最後には折衷した戦力の中、敵大型正規空母レキシントンを撃沈するという戦果をあげたのは素晴らしいと思います。この戦いを教訓にミッドウェー海戦に臨んでいたらよかったのですが、、「妾の子でもあれだけできるのだから俺達は楽勝」という言葉が代表するように活かされなかったことがあの大敗を招いたのでしょう・・・・・・。
by yamasanginga | 2011-02-19 13:32 | 読書 | Comments(2)

F4F後輪の取り付け

 戦闘機F4Fの後輪を取り付けてみました。
f0087933_8431886.jpg

 1㎜未満、苦しい作業になりそうです・・・・・・。
f0087933_8443751.jpg

 塗装後の取り付けだったので接着時に塗装を傷めてしまっています^^;
f0087933_8461683.jpg

f0087933_8474059.jpg

 写真で見ると違いがわかりますが肉眼ではほとんどわかりません(笑)

 ボディに窪みをつけて取り付けた方がいいので車輪は塗装前につけた方がよさそうです。
by yamasanginga | 2011-02-17 08:50 | ウオーターラインシリーズ | Comments(6)