寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0087933_230015.jpg

「福島原発人災記―安全神話を騙った人たち」(川村湊著・現代書館・2011年4月)

 読む前にパラパラめくった見たら3月11日から3月25日にかけて日記のように書いているようだったので、「この間に誰がどのような発言をしたかを検証した記録かな。いろいろな人が安全・安心を騙っていたからなぁ」と思っていたのですが、著者はこの間、主にネットで原子力に携わってきた団体・人について調べその人たちがどのように安全神話を喧伝してきたかが書かれています。ネットの情報といえども原発推進の真相(深層)をよく捉えているように感じました。 
by yamasanginga | 2012-01-29 06:58 | 読書 | Comments(0)
f0087933_9581336.jpg

「ザッケローニの哲学」(アルベルトザッケローニ著・久保耕司訳・PHP研究所・2010年12月)

 日本代表ザッケローニ監督の自伝です。その生い立ちからサッカーへどのように関わってきたかが書かれています。苦労なさったんですね。
 内容は1998年までなので日本代表監督に就任なさったので急遽訳本が出されたようです。
by yamasanginga | 2012-01-26 06:00 | 読書 | Comments(0)

息子へ(読書)

f0087933_19433987.jpg

 「息子へ」(飯野賢治著・幻冬舎・2011年5月)

 東京電力福島第一原発の事故後に書かれた本です。父が息子に原発についてどう思っているか語りかけています。父の考えは原発は「ナシ」です。未来の世代に負担をかけるようなものはしてはいけない。私も同感です・・・・・・・。シンプルですが著者(父)の気持ちが伝わってきます。
by yamasanginga | 2012-01-25 06:04 | 読書 | Comments(0)
f0087933_8552092.jpg

 「なでしこ力」(佐々木則夫著・講談社・2011年1月)

 ご存知、なでしこジャパンの監督佐々木則夫氏の著です。
 生い立ちからなでしこジャパンの監督としてどのようになでしこジャパンを率いているかが書かれています。女性を率いていくという事で細やかな心遣いが感じられます。サッカーの場だけでなく我々の職場や生活の場でも役に立つことだと思います。

 サブタイトルに、「さあ、一緒に世界一になろう!」とあります。昨年の1月発行でW杯前なのですが本を読めば、佐々木監督がどれだけ なでしこジャパンに手ごたえを感じていたかがわかります(^^

 素晴らしい偉業をなしとげた佐々木監督、そのご活躍がフロックでなかったことがわかります。
by yamasanginga | 2012-01-16 06:53 | 読書 | Comments(0)
f0087933_118534.jpg

「日韓サッカー文化論」(盧 廷潤 著・二宮清純監修・講談社・2002年4月)

 Jリーグ開幕当初に韓国からJリーグ・サンフレッチェ広島に入団した盧 廷潤選手 の著です。

 当時は今ほど日韓の交流はなかったと思いますがそんな中、Jリーグに来てくれたことを大変好意的に思っておりました。そんな彼の経験・思いなどが書かれていて興味深く読ませていただきました。彼自身も書いていますが、彼が来たことによってその後の韓国選手のJリーグでの活躍もあると思いますし、彼はまさに日韓サッカーの架け橋となってくれました(^^
by yamasanginga | 2012-01-11 06:07 | 読書 | Comments(0)
f0087933_1129957.jpg

 「プルトニウムの恐怖」(高木仁三郎著・岩波新書・1981年11月)

 新年最初に読み終わった本は昨年暮れから読んでいた高木仁三郎先生の本となりました。 


 1981年出版の本ですが原発事故の危険について的確に述べられています。スリーマイル島の事故についても詳しく書いてあり勉強となりました。当時、小学4年生でしたがワイドショーでスリーマイル島事故について紹介していても理解はイマイチだったのですがこんなに恐ろしい事だったのですね・・・・・・・。今の子供たちも当時の私と同じような感じだとしたら親がしっかりしないといけませんね。
by yamasanginga | 2012-01-04 06:28 | 読書 | Comments(0)
 明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。

 今年も日々生きていける事に感謝しながら一日一日を大切にしていきたいと思います。

 趣味の鯉釣りでは1匹1匹を大切に釣っていきたいです。
f0087933_10115310.jpg

 大きさでは70㎝オーバーや6㎏の重さの鯉を釣ったこともありますがこの64㎝4㎏の鯉はもの凄いファイトを魅せてくれました!そういった出会いがまた今年もできればと思います。

 趣味の鉄道模型、ゆかりの商品の購入を細々と続けていきたいと思います。物置がいっぱいなのでストラクチャー、複数買ったもの、勢いで買ってしまったものについては中古店に下取りに出さなければと思っています・・・・・・^^;
by yamasanginga | 2012-01-01 00:00 | 日々の出来事 | Comments(2)