寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga

<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

f0087933_1129833.jpg

 「福島原発 現場監督の遺言」(恩田勝亘著・講談社・2012年2月)

 福島原発、現場監督の遺言という題名を見て、「えっ、吉田所長の遺言?!」と思いましたが中身を読んでみて納得しました。現場監督は「原発がどんなものか知ってほしい」という原発の実情を紹介なさった平井憲夫さんについてだったんですね。
 平井憲夫さん、1997年1月に亡くなっていますが、福島原発事故後に上記HPを読んで原発の恐ろしさを誇張することなく客観的に述べられている内容に感銘を受けました。
 本の内容は、過去に平井さんの告発を記事にした週刊現代の内容を元に上記HPをさらに詳しく説明してあります。
 動画などでも過去の平井さんの原発への警鐘を見ることができますが心に響きますね。当時の自分だったら見ても平井さんの真意を理解できなかったいや聞こうともしなかったと思います。

2012年㉜
by yamasanginga | 2012-06-28 06:28 | 読書 | Comments(2)
 パソコンのキーボードカバー、以前は機種に応じたバリエーションが豊富だったのですが最近は減ってしまったようで私の使っているソニーのパソコンに対応したものはありません。今までは同じソニー用の似た機種のものを使っていたのですが部分的に合わない部分があって使いづらい面もありました。

 そこで思い切って?!(というほどでもないのでしょうが・苦笑)サイズフリーで自分で加工するキーボードカバーを装着することにしました。
f0087933_525640.jpg

 早速加工します。
f0087933_5262513.jpg

 いずれまた張り替えるので精密ではないですが納得のいく感じに収まりました(^^
by yamasanginga | 2012-06-25 06:20 | 日々の出来事 | Comments(0)

週末の出来事

 週末、娘が数年前から習いたがっていたスイミングスクールに見学に行ってきました。

 うちの近所をスクールバスが通るのですが、見るたびに「〇〇スイミングスクールに行きたい!」って言っていました。が,知的障害のある娘なので私も家内も、「先生の指示に従えるようになったら行こうね。」とやんわりと断っていました。週末、また娘が「行きたいっ!」というので意を決して見学に連れて行きました。
 
 娘の障害の事を伝えると、「上の人に相談してみます」とのことでその間、娘とスクールの授業風景を見学しました。
 小さい子なども先生の指示にしたがっている姿を見て娘は、「習いたいっ!」と決意を新たにしたようです。
 
 とりあえずは1か月のお試しで入校が可能となりました。水泳を通して娘の発達につながればよいと思いますが大喜びの娘を見て相談に来てよかったなと思いました♪(^^
 娘が泳ぎが上手になったら鯉と泳いでもいいかもしれませんね(笑)

 
by yamasanginga | 2012-06-19 06:42 | 日々の出来事 | Comments(0)
f0087933_228837.jpg

「回想の横空夜戦隊―ある予備士官搭乗員のB‐29邀撃記」(黒鳥四朗著・渡辺洋二編・光人社・2012年1月)
 太平洋戦争から67年、新たに本が出版されたので家族ないしは評論家の著書かと思ったら編集が入ったと言えご本人の著書とは!戦況悪化後の予備士官そして搭乗員としての経験がよく描かれていると思います。しかも著者は偵察員としてB29を一晩で5機撃墜1機撃破という大戦果をあげています!非常に興味深く一気に読ませていただきました。
 輝かしい海軍時代の陰で夜戦搭乗のために注射されたヒロポンの後遺症で戦後苦しめられますが、ご本人の強さなのでしょう。それに打ち勝っておられますがそのご苦労についても書かれています。薬物の恐ろしさというものも実体験を持って語らていますがこの経験は広く若者、社会に伝えられるべきだと思いました。

 苦悩の中、戦後就職した先で、軍人だったがゆえに組合員達から詰問された際に、
「その時、お前たちは何をしていたっ!俺は命をかけて国のために働いてたんだぞっ!文句があるやつは前に出ろっ!」
 この言葉、読んでいて著者の言葉が聞こえてくるようでした・・・・・・。

2012年㉛
by yamasanginga | 2012-06-17 06:06 | 読書 | Comments(0)
f0087933_9501544.jpg

「原発危険神話の崩壊」(池田信夫著・PHP研究所・2012年2月)

 池田信夫氏をテレビで見たとき、感情むき出しで武田邦彦氏に食ってかかっていて非常に不快に思いました。内心、「御用経済学者で東電とずぶずぶなのかな?」と思いました。

 その池田氏の著書、どんな感じか読んでみましたが、「福島原発の事故で死んだ人は一人もいない」と書かれていてびっくりしました!彼が言いたかったのは、「ただちに影響があったものはいない」ということなのだろうと思います。が、1999年のJCOの臨界事故ですら作業員は即死したわけではなく放射能の影響を受けながら苦しんで亡くなっています。今までにも作業に携わった方で亡くなった方、事故後取り残されて亡くなった人、避難時に亡くなった人、放射能の影響を悲観して自死した方々がいらっしゃいます。著者はこれらも風評被害のように思っているのでしょう。

 今後のエネルギーについては客観的に私見を述べられています。東電側というよりむしろ逆の立場から今後のエネルギーについて語られていて肯ける点も少なからずというか結構あります。
 感情むき出しにせず冷静に語られればバッシングされることもないと思うのですが・・・・・・。

2012年㉚

追記:この所感は3月末に書きましたが先週金曜日には野田総理の再稼働宣言がありました。大飯原発は直下に断層があると言われていて福島第一原発以上の過酷事故が予想されます。福島第一の場合は初期で制御棒が働き核分裂を抑えることができました。大飯で直下型地震が来た場合、制御棒が挿入できない事態も予想されます。そうなると暴走をチェルノブイリのような事態を招きかねません。それ以前に多くの配管が断裂し直後から大量の放射能汚染をおこす恐れもあります。小出先生もおっしゃっていましたが事故の原因は常に同じではありません。全冷却水消失、制御棒挿入不可などいろいろな事態が考えられます。
 昨年の事故で、原子力は人間の力で制御しきれないものであること、その結果として大きな被害を及ぼすということがわかりました。福島原発の事故は悲劇でしたが事故の教訓を生かし制御不能な原発依存社会から脱すれば禍転じて福となると思っておりましたので野田総理の宣言は残念でなりません。

※今年の読書も3月末で30冊に達しました(^^
by yamasanginga | 2012-06-11 06:46 | 読書 | Comments(0)
※3月下旬の日記です。

 反抗期のためかかみさんとバトル状態の息子を愛知県の実家に連れて行きました。

 本当は母を関東に呼んで暮らしてもらうかか自分が愛知に戻ればいいのですが仕事の事、かみさんとの折り合いもあってなかなか厳しいです。ただ、母も一人でのんびり過ごしているからこそボケることもなくしっかりしていられるのだと言ってくれます。祖母もそうでしたがお嫁さんに気を遣ったり、孫に罵倒されたり(それを注意しないお嫁さんに私も違和感・不信感を持ちました)したら心身ともにこたえますよね^^;まあ、母に似たのか息子はかみさんと折り合いが悪いので二人仲良くしてくれるのはいいことです(^^

 実家に帰った翌朝、恒例の早朝マラソンに出撃しました。
f0087933_559486.jpg

 懐かしの通学路を走って向かった先は昔竿を出した地元の川です。
f0087933_613850.jpg

 完全に護岸化されてしまっています・・・・・・。
 昔はここでライギョやナマズ、フナを釣ったものですが今はだいぶ生態系も変わっているのでしょうね。ジョギングしている間もバス狙いと思しきアングラーを見かけました。
f0087933_674626.jpg

 木曽川です。大きな川でメーター鯉の予感がありますが普段小河川で数釣りを楽しんでいる私には釣れそうな気がしません。(苦笑)立田大橋が見えます。時間があれば走破したかったのですが今日は断念です^^;
f0087933_6113460.jpg

 昨年息子と登った多度山です。
f0087933_6334630.jpg

 多度山上公園です。
f0087933_636744.jpg

 竿を出したいと思う場所はあるのですが短期間の滞在、親孝行しましょう(^^
by yamasanginga | 2012-06-09 06:48 | 日々の出来事 | Comments(0)
f0087933_9482423.jpg

 「夢をつなぐ 山崎直子の四〇八八日」(山崎直子著・角川書店・2010年7月)

 ご存知、2010年にディスカバリー号で宇宙に飛び立ち、見事にミッションをこなした美人宇宙飛行士山崎直子さんの著書です。

 宇宙飛行士を目指すきっかけになったのが1986年のスペースシャトル・チャレンジャー号の事故だったのですね。当時高校生であった私も乗務員や家族の事など考え、心を痛めたのを覚えています。そのような時に犠牲になった宇宙飛行士の意志(夢)をつなごうと考えるとは私とはスケールが違いますね!!

 宇宙飛行士になるまでの過程、週刊モーニングで連載している宇宙家族でちらっとみましたがその大変さの一端を垣間見ることができました。
 お子さんもいらっしゃいますが家族のサポートも大変重要ですね。娘さん、ご主人もご苦労様でした!

 毛利さん、向井さんや歴代の宇宙飛行士の著書も読んでみたいです(^^

2012年㉙
 
by yamasanginga | 2012-06-07 06:44 | 読書 | Comments(0)

缶コーヒーのおまけ

 3月下旬のお話ですがコンビニに行くと缶コーヒーのおまけをみつけました。
f0087933_16345345.jpg

f0087933_16525334.jpg

 プルバックのSLがおまけについていました。
f0087933_16533624.jpg

f0087933_16542397.jpg

 購入したのは以前娘と見にいった事もあるパレオエクスプレスです(^^
f0087933_1659060.jpg

 付属の部品で缶コーヒーとドッキングさせると缶コーヒーを引っ張ります!かわいらしいおまけです(^^こういったものがあるとついつい購入してしまいますね。
by yamasanginga | 2012-06-04 06:06 | 日々の出来事 | Comments(0)
 今まで使ってきた携帯、5年を超えて液晶画面に線が入ったりしてきたので変えることにしました。店員さんと相談してスマートフォンにしましたが家に帰ってビックリ、今までのようにはなかなか使えませんでした^^;
 マナーモードにするのも四苦八苦、カメラで写真を撮るのも四苦八苦、通話するのも四苦八苦でした・・・・・。

 私の職場の人の中にはスマートフォンにしたら使い勝手が悪くメモリーカードを元の携帯に戻して使っている人もいます。私もそうしたかったのですが購入時にそれはできないと言われていたので断念です。
 使っていくうちにだいぶ勝手がわかってきてようやく少し慣れてきました。
 慣れてみるとインターネットも携帯より見やすいですしかなり実用的のように感じました。さらに使いこなしていきたいです(^^
by yamasanginga | 2012-06-03 06:45 | 日々の出来事 | Comments(2)

車の購入

 車の購入、決定しました(^^
 当初、トヨタハイエースを購入しようかと思っていましたが価格・大きさなどからかみさんからNGが出ていたのでいろいろ検討していました。
 結局新車を購入することになったのですがいつもお世話になっている車両整備工場兼中古車販売のお店に相談してみました。ディーラーの雰囲気は田舎者の私にはなじまないですからね^^;車両保険も入っていますし修理などもよく相談に乗った上で行ってくれますし車のトラブルがあった時も駆けつけてくれます。いろいろな点でやはりディーラーさんより融通も利きますし頼りになりますからね(^^
 こういった販売店、インターネットではサブディーラーというそうです。カタログを元に私の好みに応じたオプションを決めていき契約しました。不明な点はディーラーに直接電話してくれたり実際に乗っている人にも確認してくれました。値下げ幅も交渉なしで雑誌やネットの情報いっぱいの金額を出してくれました♪交渉ごとが好きでない(苦手)な私も大満足です(^^
 普段頼りになる地元の整備工場、新車購入でもサポートしてくれて願ったりかなったりです。今後ともよろしくお願いします(^^
by yamasanginga | 2012-06-02 06:23 | 日々の出来事 | Comments(0)