寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

f0087933_11124038.jpg

 「CarpFishing2012年fall」(つり人社・2012年9月)

 待望のCarp Fishing、最新号です。

 真っ先に読んだのはWCCSの師である高橋富士夫氏と宍戸則夫氏の対談「鯉釣りがっぷり四つ」から読みました。高橋氏の鯉釣りに対する真摯な思い、微力ではありますが受け継いでいければと思います。

 私も参加したユーロカープワンデートーナメントの記事が出ていました。優勝したのは元バサーの長澤さんだそうです。バサーとして河口湖を知り尽くしていますしその経験豊富な知識が優勝の一助となったと思います。記事の方、いろいろ勉強になりました。

 その他、役にたつ記事満載で今後の鯉釣りに大変参考になりました(^^

2012年77冊
by yamasanginga | 2012-10-31 06:12 | 読書 | Comments(0)
f0087933_10571818.jpg

 「親に暴力をふるう子供のこころがわかる本」(山中康裕著・講談社・2008年2月)

 不登校の子どもですが幸いな事に暴力をふるったりものを壊したりすることはありません。しかしながら今後、そういった状況もないことはないと思い読んでみました。

 暴力をふるいたくてふるう子供はいません。生い立ちや病気、ショックな出来事などの原因が元になっています。特に心の問題については親が理解・共感して対峙してあげることが大切であることを学びました。
 警察を呼ぶのは根本的な解決にならないどころか完全な信頼関係の喪失になり逆効果だそうです。

2012年70冊



 
by yamasanginga | 2012-10-27 06:15 | 読書 | Comments(0)

先週の釣果報告

 先週は小河川に4回、荒川に2回出撃しました。
 小河川では15匹の鯉(うち一匹は金色の鯉)、
f0087933_17253984.jpg

荒川で1匹の鯉(71㎝6㎏)をゲットしました。
f0087933_17255480.jpg

 
 秋になって釣果もよくなってきています(^^が夜は寒くなってきました。

今回の釣果:16(WCCS16匹・うち荒川1匹)

2012年の釣果:483匹(PF43匹・SL38匹・吸い込み・24匹・干しイモ&練餌92匹・WCCS 202匹・干しイモ&ライス3匹・ガルプアライヴ2匹・手づくり芋2匹、干しイモ18匹、おにぎり1、ボイリー&練餌18、SCA1、STC4、手づくり芋&練餌4、TI1、CP3、IC8匹、HP7匹、ABRN2匹、ブレイクした仕掛けへのかかり1匹、パン1匹、PB4匹)

荒川11匹(WCCS10匹、パン1匹)

通算釣果:673匹
荒川通算:16匹
by yamasanginga | 2012-10-26 06:29 | 釣り | Comments(2)
 今年の春から小河川で活躍してきた竿が折れてしまいました(^^;
f0087933_17165531.jpg

 結構鯉を釣っているので竿疲労?なのかもしれませんが残念です。治せそうなのでいずれ修理したいと思います。私の拙い腕の影響が一番でしょうね^^;まだまだ精進しないといけません。
by yamasanginga | 2012-10-25 06:15 | 釣り | Comments(0)
※10月初旬の釣行記です

 秋の荒川、満員御礼だったのでいつもの小河川に行きました。

 以前釣りをしていた小河川、流れが変わってしまってからは鯉師の姿を見ることはなくなりました。

 一応めぼしいポイントを見つけていたので新しいポイントに釣ってみました。
f0087933_18305256.jpg

 こんな感じの釣り場です(^^

 流れを分析すると、
f0087933_1784584.jpg
 
 赤い流れの強い本流の手前が青い流れのたまりになっています。

 青い流れのたまりのところに仕掛けを投げ込みました。
f0087933_1710825.jpg

f0087933_17114553.jpg

 実際にこんな感じです。竿立ては使わず、そのまま糸を垂らしました。

 ほどなくしてアタリがありましたっ!!
f0087933_1711554.jpg

 この鯉を筆頭に殆ど入れ食い状態で鯉が釣れました♪

 こそらくこの流れのとろみが鯉の餌場になっているのでしょうね。今までにない釣果、改めてポイントの重要性を知った気がします(^^
by yamasanginga | 2012-10-24 06:18 | 釣り | Comments(0)
 9月に入って荒川で鯉は上がっていません。時期的な物なのでしょうか・・・・・。あまりに釣れないので
 故山田勲氏の著書、「野ゴイ」
f0087933_16593278.jpg

 をひも解いてみました。
 それによると9月は季節の変わり目で夏バテ&日中の水温の変化も激しく難しいとなの事です。

 この日も未明から竿を出しましたが釣果は望めないかなと思っていると久々にバイトアラームの音が響き渡ります!♪

 やり取りをしてみるとまぎれもなく鯉のようです!!
 明るくなっていたので師匠のS氏が様子を見に来てくれて師匠の目の前で見事に鯉をゲットしました!!
f0087933_1732620.jpg

 71㎝とこの釣り場のアベレージですが苦戦していた9月に上がったようやくの一本、感無量です♪
f0087933_1744452.jpg

 S師匠に写真を撮っていただき嬉々として帰宅の途につきました。

 秋だと温かい昼間に竿をだしたいところですが昼間は満員御礼でなかなか竿を出す機会はないと思います。10月以降、少ないチャンスを活かしていきたいですね。
 

 
by yamasanginga | 2012-10-23 06:30 | 釣り | Comments(0)

ノルウェイの森(読書)

f0087933_1814580.jpg

 「ノルウェイの森」(村上春樹著・講談社・1989年7月)

 「1Q84」に続いて村上春樹氏の作品を読んでみました。この本は大学生の時、先輩が読んでいたのを覚えています。当時の自分は読書なんかまったくしなかったんでこの年になって先輩が読んだ本を読むのは感慨深いです。

 内容ですが「1Q84」に共通しているところが目に付きました。まず、過去の出来事を書いているという事です。1989年に1970年頃の時代を、2009年に1984年を描いています。また、自殺者が複数出てくるのも似通っています。村上春樹氏の周りでこういった悲しい出来事があったのかもしれませんが自叙伝を書いていらっしゃれば確認できますね。そして性関連です。愛がなくても不特定の相手とセックスをする。1Q84では女性の青豆さんがノルウェイの森ではワタナベさんがそんな役回りです。思うに村上春樹氏はもてもてでプレーボーイだったのでしょうね。もてない私には想像のできない世界です。もうひとつ作品と音楽を関連付けています。1Q84がシンフォニエッタでノルウェイの森がビートルズのノルウェイの森です。他の作品もそんな感じなのですかね。
 
 最初に自殺をした人(キズキ)がいろいろな人に大きな影響を与えているのですがその理由が不明です。理由によって他の人が受ける影響は変わってくると思います。
 あと私であれば好きな人が苦しんでいたら本人が拒んだとしてもなんとかしようと傍に寄り添ったと思います。ですが主人公はヒロイン?が苦しんでいる間に他の人を好きになってしまいます。それでヒロインが死んだ後、世をはかなんで旅に出ます。ここらあたりの行動、理解できなくはないですが私はそういった行動はとらないです。
 
 以上、もどかしさを強く感じることはありましたが心が動かされることはありませんでした。

 映画化されてDVDのレンタルもされているようなので借りて見てみたいと思います。

2012年69冊
by yamasanginga | 2012-10-22 06:59 | 読書 | Comments(0)
f0087933_198738.jpg

 「原発を作った私が原発に反対する理由」(菊池洋一著・角川書店・2011年7月)

 原発の設計や建設に携わった著者が語る原発の危険性、大変わかりやすいです。原発の安全性が神話であったことがよくわかります。


2012年67冊
by yamasanginga | 2012-10-21 06:07 | 読書 | Comments(0)
 夕方ジョギングをしていてあまりに温かかったので鯉釣りに行くことにしました(笑)

 河原も暖かく、2個の餌で順調に鯉を釣り上げました(^^
f0087933_164111.jpg


 最後の餌はミスキャストをしてしまい超浅場に入ってしまいました。夜なのでそのまま様子をみていましたが糸が引き出されないので仕掛けをあげました。
 するとちょっとした抵抗がありました。
f0087933_1643610.jpg

 あげてみるとちょうど30㎝のマブナさんでした。マブナを釣り上げたのは大阪や愛知ではありましたが埼玉では初めてです(^^

今回の釣果:2(WCCS2匹)、マブナ(WCCS1匹)
2012年の釣果:468匹(PF43匹・SL38匹・吸い込み・24匹・干しイモ&練餌92匹・WCCS 187匹・干しイモ&ライス3匹・ガルプアライヴ2匹・手づくり芋2匹、干しイモ18匹、おにぎり1、ボイリー&練餌18、SCA1、STC4、手づくり芋&練餌4、TI1、CP3、IC8匹、HP7匹、ABRN2匹、ブレイクした仕掛けへのかかり1匹、パン1匹、PB4匹)

荒川10匹(WCCS9匹、パン1匹)

通算釣果:658匹
荒川通算:15匹
by yamasanginga | 2012-10-20 06:10 | 釣り | Comments(0)

光あれ(読書)

f0087933_18201436.jpg

 「光あれ」(馳星周著・文藝春秋・2011年8月)

 原発立地地域に住む少年の中学生から原発警備員をしている現在までを描いたものです。
 メインは原発についてではなく少年から大人にかけての女性遍歴?が官能的に描かれています。が、その奥に原発反対運動、バブル経済崩壊後の原発に頼らざる負えない地域の悲哀が語られています。

 筆者は震災前から取材をしていたようですが、原発メインでなくあくまで地域にいきる一人の少年とその成長を描くことで原発立地地域のリアリティを伝えているように感じました。


2012年66冊
by yamasanginga | 2012-10-19 06:08 | 読書 | Comments(0)