寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga

<   2014年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 残り7.195㎞が遠いです・・・・・。
 30㎞過ぎてから徐々に足に痛みがでてきていますが35㎞を過ぎてさらにそれが顕著になりました。今回、東京マラソンに向けて元旦に42.2㎞走ろうと予定していたのですが足首の故障で走れませんでした。また、2月2日にも同様に距離走(42.2㎞LSD)を予定していたのですが雪で走れませんでした。ですがこの辛さは2011年、お台場から自宅に向けて42.2㎞走った時に経験しています。とにかく歩いたら終わりだ、最後まで走り続けてゴールしなければいけない!と強い意志を持って走り続けました。

 佃大橋の登り勾配、きつかったです^^;昨日通った時は「地元の丘陵の方がきついくらいだ、楽勝!」と考えていましたが疲れた足にはそれ以上に感じられます。
 36・37・残り5㎞・38・・・・・、39・・・・・・、40・・・・、41・・・・・・。この間、沿道の方々の声援が励みになりました。「ロッキーのテーマ」をかけてくださっている方、ZARDの「負けないで」をかけてくれている方もいらっしゃいました。皆さん、ありがとうございますっ!!
 私が何気なく探していたのは、愛知県や宮崎県のプラカードです。(また愛知県の人や宮崎県の人がいないかな?ハーフ過ぎみたいに勇気をもらえるかもしれない)。他力本願ですね^^;また家族の事、いつもお世話になっている職場の方々、親不孝している母の事、亡くなった父、祖父母のことなども考えました。
 スパートする力は残っていませんでした。やはり走り込み不足ですね。そして残り195m・・・・・、フィニッシュです!!ついにゴールしました!!
 歩かず完走しました!目的達成です。タイムは3時間43分で自己記録を10分以上更新することができました♪
 タイムよりも歩かずに完走できたのがうれしいです!!

 東京マラソン、楽しい大会です!
 景色も最高!世界最高のランナーも間近で見れます!周りにはたくさんのランナーが走っていて孤独感がありません。中には工夫を凝らした衣装を着ている方、そしてさまざまなメッセージ!(大一大万大吉のメッセージの方に声をかけなかったのが悔やまれます・・・・・)そして沿道の人々の声援!本当に感動しました。
 3時間43分という時間を感じませんでした。楽しくて体感時間は1時間ちょっとです。

 来年も是非でたいです!来年は私も衣装に工夫を凝らして参加したいです♪
by yamasanginga | 2014-02-28 06:16 | 走り込み | Comments(0)
 中間地点を過ぎるとコースは浅草の雷門に向かいます。

 途中、愛知県のプラカードを掲げている方がいて、
「私、愛知県人ですっ!」
 と声をかけさせてもらいました。
「がんばれー」
 と声をかけてもらいましたがこういった方から勇気をもらいます(^^体が軽くなった気がしました。

 ですが徐々にペースが落ちてきます。20~25㎞は25分05秒で㎞5分を超えました。


 25km~30㎞、雷門の前を通過します。雷門も素晴らしいですがスカイツリーが間近に見えます(^^気持ちよくて思わず万歳をしました。この5㎞のタイムは26分39秒です。30㎞通過タイムは2時間31分、30㎞過ぎたらペースは㎞6分に落ちると予想されるので予想タイムは3時間45分くらい、自己ベスト更新でフィニッシュを迎えられそうです。

 30~35㎞、さらに足に来ます。27分59秒、まだ㎞5分台を保っているものの相当きついです・・・・・。3時間2分、残り7.195㎞でkm6分ペースだと44分+で3時間40分台でフィニッシュできそうな感じです。

 ここまで給水は5㎞ごとに行いすべてアミノサプリです。尿意は多少あるものの全然我慢できます。トイレには行っていません。やはり歩かず完走したいですから(^^

 足にかなり来てますが、
「絶対歩かず完走するぞ!」
 強い意志を持ってのぞみます。
by yamasanginga | 2014-02-27 06:26 | 走り込み | Comments(0)
(この2年、真理子はどんなに辛い思いをしたのだろう……)
 慎一郎は後悔の念にさいなまれた。
(あのとき真理子に告白していたら・・・・・・)
 突然、胸が締め付けられるように苦しくなった。
(また、あの発作だ)
 発作はいつもより強烈で慎一郎の意識は苦しみのうちに遠のいていった。

「大丈夫っ?しっかりして!」
 聞き覚えのあるなつかしい声が聞こえる。
(まさかっ)
 目を開けると目の前で真理子が心配そうにみつめていた。美しい黒髪で宇津井と付き合う前の無邪気で素朴な美しさ、明るさがにじみ出ている真理子だった。慎一郎が意識を取り戻すと真理子の顔に安堵の表情が浮かんだ。
「植松さん、どうして?!」
「木山さんが苦しそうにして突然倒れたからびっくりしちゃって!よかった意識が戻って。」
 ここは真理子といつも昼食を食べていたミーティングルームだ。どうやら真理子と昼食をとっていたようだ。
(これって、過去に戻ったってことなのか?!もしかしたら自分の思いが過去に戻らせてくれたのかもしれない。目の前には真理子がいる!あの思いを寄せていた真理子が・・・・・・)
 慎一郎の目から涙があふれた。
「木山さん、大丈夫?」
 怪訝そうにみつめる真理子。それはそうだろう突然気を失って意識が戻ったと思ったら泣き出したのだから。
(今、言わなくちゃ)
 慎一郎に迷いはなかった。
「真理子さん、好きです。つきあってください!」
 驚きの表情を見せ、しばらく言葉を発せなかった真理子だが目を真っ赤にして
「死んでしまうかと心配させておいていきなり何を言うの?!」
 と涙を流しながら言った。
「真理子さんっ、こんなときにごめんっ!でも君の事が好きなんだっ!」 
 真理子をみつめ、慎一郎はさらに叫んだ。そんな慎一郎を涙のしたたる真っ赤な目でみつめながら真理子は、
「私も慎一郎さんの事が好き」

二人はみつめあい、どちらからとなく抱きしめあった。

 二人はつきあいはじめた。デートなど無縁だった慎一郎、どのように真理子をエスコートすればよいのかわからなかった。不器用なデートとなったが二人にとってはそんなことはどうでもよいことだった。ただ二人でいっしょにいられればそれ以上の幸せはなかった。二人はほどなく愛し合い、慎一郎が独立したのち結婚した。
 
 それから10年、子供が二人産まれ今は小さいながら川崎の郊外にある戸建に住んでいる。
 風呂からあがった慎一郎は寝室へ向かった。真理子が子供たちを寝かせそのまま添い寝していた。
(真理子、ぼくはなんて幸せななんだ。君に出会えて本当によかった。)
 真理子の肩に毛布をかけると目を覚ました。慎一郎を見つめると、
「あなた、私あなたに出会えて本当によかった。」
 そう語り、慎一郎に身をあずけてきた。
「ぼくもだよ、真理子。これからもずっと一緒だよ。」
 お腹に二人の愛の結晶を宿した真理子を抱きしめ慎一郎は考える。
(あの時、告白することができてよかった。告白をすることで真理子のそして自分の未来を変えることができた。その機会を与えてくれたのは神様、いやもしかしたらあの特殊な能力なのかもしれない。 )
 あの日から、慎一郎には人が透けてみえるということはなくなった。病院にも行ってみたが透けてみえる人は一人もいなかった。
(不思議ないや自分にとってはつらくかなしい能力だったけどそのおかげでかけがえのない真理子を失わずにすんだのかもしれない。むしろ感謝しなければいけないのかな。)
 慎一郎は真理子の温もりを感じながらいつしか眠りについた。



後記:「フォルトゥナの瞳」、私は人の運命がわかる能力にはあまり興味がなかったのですが植松真理子さんの件を読み始めてから作品に引き込まれあっという間に読んでしまいました。たぶん私も同じような体験をしたからだと思います。慎一郎っ!昼食を一緒に食べていいか聞いてきた段階で気付けや!女の子がそういった事を言うのにどれだけ勇気がいると思ってるんや!!まして純な真理子ちゃんやぞっ!!あほかっ!そしてお互いにいて楽しかったら休日も一緒に過ごすよう動くのが男やろうが!
 宇津井にもてあそばれて捨てられたらそこを救いに行くのも男とちがうんかっ!!真理子ちゃんは傷ものやあらへん。真理子ちゃんのような魅力のある子を捨てる宇津井があほなんや。碌な死に方せんぞ!真理子ちゃんを救えるのはお前しかおらんやないかっ!と速攻で思いましたが(まあ真理子ちゃんもしっかりした子だから立ち直るだろう・・・・・・」と陰ながら応援していました。
 それがなんということに・・・・・・。あまりに堕ちた姿に私は小説であることも忘れおそらく慎一郎以上にショックを受けたと思います。
 その後の桐生さんとの件も興味深く読ませていただきましたが「慎一郎が告白したら真理子ちゃんは幸せになれただろうに・・・・・。慎一郎だって幸せになれたのになぁ・・・・・。そうだ!慎一郎が告白したらどんな感じになるか再現してみよう!」そう思って小説というか文章もブログ以外に書いたことがない私が真理子ちゃん慎一郎くんのために初めて筆を?とりました。
 
 私は今まで2回女性に告白したことがります。高校生の時好きだった子には勇気を持って告白しましたが玉砕しました。当時は恥ずかしい気持ちがありましたが今では「告白しといてよかったな」と思っています。
 今のかみさんは付き合う前、宇津井と付き合っている真理子さんに近い状況でした。かみさんの事が好きでしたし、「このままだと彼女がだめになってしまう!」と告白して彼女を取戻し現在に至っています。告白していなかったら今のかみさんは真理子さんほどではないにしろ不幸になっていたと思います。(わしと結婚した方が不幸やったわっていったん誰や?・笑)
 フォルトゥナの瞳という作品、少しの決断で未来が変わるということだと思うのですが世の若者に自分のためにも好きな人のためにも告白する勇気を持つことの大切さを表していると思います。告白しないことは今回の真理子さんのように自分だけでなく大切な人の未来も変えてしまうかもしれません。もし断られたら高校生の時の私のように好きな人のために名誉ある撤退をすればよいのです(^^恥ずかしい思いをするのもいっとき、周囲はすぐに忘れますよ。そして百田さん風に「あれなーわしを振って絶対不幸になっとるで!わしと結婚したら幸せになっとったのに・爆笑」と思ったらよいです(^^
 
by yamasanginga | 2014-02-26 22:26 | 読書 | Comments(0)
 10㎞を過ぎて周囲のランナーは同じ速度の人たちがほとんどです。周囲に目をやると背中に「大一大万大吉」というメッセージを書いたランナーがいました。司馬遼太郎氏の「関ヶ原」を愛読した私も義を通して殉じた石田三成に敬意をはらっているのでランニング中に同志を見つけた思いです(^^声をかけようかと思いましたがまた機会があるだろうと後にしました。

 楽しみにしていたのが品川で折り返してくるトップランナーたちとの擦れ違いです。その走りを間近で見れるのはこの機会しかありません!!そう思い左側に走路を移し石田三成ランナー(?と呼んでいいのかな?)とはお別れしました。(その後、会う事はなく最初に声をかけておけばよかったです・・・・・・)

 トップランナーより先に車いすランナーが来ます。
「頑張れよーっ!」
 大きな声で声援を送りますがこういった声を出すと自分も力をもらいます(^^
 
 そしてトップランナーたちが通過です。早いですっ!!遺伝子も当然あるのでしょうが若いころから鍛えたらああいった走りができるんですかね・・・・・。中山竹通さんの著書でも読みましたが「小さいうちから車で移動しているような環境では勝てるランナーは生まれない」。その通りだと思います。
 
 家族は新橋で声援を送ってくれていたようですが気づきませんでした(^^;

 20㎞通過タイムは1時間43分04秒、単純に倍すると3時間26分8秒。今のペースで走ったとしても残り2.195㎞を3分2秒で走るのはケニアの選手でも無理でしょう・・・・・。サブ3.5にも暗雲が漂っていると感じました。
by yamasanginga | 2014-02-26 07:24 | 走り込み | Comments(0)
 いよいよスタートです。

 スタート直後は人混みでゆっくり進みます。また、脱いでその場に置いたのでしょうか?ビニール袋や雨合羽が足元に散乱しています。大変危険です。私も少し足を取られました。
 前の方の方はタイムも早くこの大会も一刻のタイムも無駄にしたくないという気持ちなのかもしれませんが少なくとも最初の給水所までは持っていく配慮が必要と思います。私もビニール袋を使用予定でしたが使ったら畳んでポケットに入れて最初の給水所で捨てる予定でした。

 5分ほどで団子状態がなくなり自分のペースで走れるようになりました。最初の5㎞は25分7秒、混雑の中でも㎞5分ほどで走れました。次の5㎞までの状況でこの日の今後の走りを決めることにしました。

 飯田橋を過ぎて皇居横を走りますが息は上がらず気持ちよく走れています。10㎞までの5㎞のタイムを見ると24分44秒。㎞5分を少し切れていますがこの段階でサブスリーの夢は諦めました。今後の展開を考えると
おそらく30㎞過ぎくらいで足にかなり来るでしょう。30㎞以降のペースは㎞6分くらいだと思います。そうすると残りにかかる時間は74分くらいです。30㎞までいかに走れるかでタイムが決まります。30㎞まで㎞5分ペースでいければ150分(2時間30分)。プラス74分だと3時間44分くらい。自己記録10分短縮となります。もし途中、足に来なくて気持ちよくペースを上げられればサブ3.5(3時間30分切り)を狙おう!!と今日の戦術を(それほど大げさなものではないですが)決めました。
 
 走りながら生まれてからの事を考えようと思っていましたが常にペース、今後の展開を考えていました。
 
by yamasanginga | 2014-02-25 06:40 | 走り込み | Comments(0)
 東京マラソン2014、直前 本やインターネットでは練習量を減らし特に前日と当日直前は無理をしないように書いてありました。
 雑誌に電車で座れない時や現地その他、待っている間に足を休めるように折りたたみ椅子を持っていくといいと書いてあり超軽量な椅子を購入しました。
f0087933_13543693.jpg

 ドッペルギャンガーの アウトドア用のイスです。重さなんと222g!もの凄く軽いです。
(これが最後の最後で大活躍してくれます)

 当日は4時30分に起きました。餅と肉そして出がけにバナナを食べて車で駅まで送ってもらいました。(栄養ドリンクのゼナ、前日買ったのですが飲み忘れてしまいました・・・・苦笑)
 電車で座れなかったら隅っこで折りたたみ椅子を使おうと考えていましたがガラガラでした(笑)途中乗り換えもありましたが結局、新宿まで座ったままいけました。その間、マラソンに出場すると思しき方はいません。(あれっ、ブログとかだと結構人が多いという話だったけど・・・・・)
 新宿に着いたら多くのランナーらしき人がいてその人たちの後を着いていったら無事、スタート会場につきました。会場についてジャージを脱いでランニングスタイルになりましたが寒くありません。防寒対策でビニール袋をポンチョにしようと思っていたのですが使用しませんでした。
 エイドでバナナとアミノバリューをもらい摂りました。トイレには2回行き、スタートラインには8時10分頃に整列、のんびり座ったりして過ごしました。周りにはビニール袋を羽織ったり100均と思しき雨合羽を着用していたりしている人が多数いました。
f0087933_14161520.jpg

 いよいよ出走を迎えます(^^
by yamasanginga | 2014-02-24 07:33 | 走り込み | Comments(0)

ありがとうございました

 東京マラソン、終了しました。

 記録の方は自己最高を更新し目標である歩かない事を実践できました(^^

 産んでくれた親、今まで自分を支えてくれた方々に感謝であります。詳細は後日アップしたいと思います。

P.S 最後の方、君原さんと並走していたのですが結局私の方が先にゴールしてしまいました。君原さんと同着ならテレビに出れましたね。ただ、35kmを過ぎてからは足がしんどくて痛みに耐えるのに必死でおそらくそこまで頭が回らなかったです。とにかく1秒でも早くゴールしたい!(タイムを早くしたい。辛い状況から早く脱したい)の一心でした(^^
by yamasanginga | 2014-02-23 19:44 | 走り込み | Comments(0)

いよいよ明日です!!

 いよいよ明日が東京マラソンです!

 今日、お台場までゼッケンを取りに行ってきました。家族も犬も同乗でコースを下見しながらお台場まで向かいました。起伏の少ないコースですね。ただゴール手前の橋の起伏は2か所、結構応えそうですね。

 3回目のフルマラですが最後のフルマラから3年経っていますしほとんど初めてと変わりないと思います。前半は無理のない範囲でスピード走をして30km以降の後半は少なくとも6分/kmの速度を維持したいです。可能であれば3時間30分切り、できれば3時間54分の自己ベストを更新できればと思っています(^^

 途中、苦しくなったら速度を落として東京マラソンを満喫したいと思います。とにかく歩かず完走が目標です。

f0087933_21571136.jpg

 今はのんびり野外セットでお湯を沸かして紅茶を飲んでいます(^^そしてユーチューブで昔懐かしいアニメのオープニング、エンディングなどを見ています。

 昨日は母から電話があったので東京マラソンに出る事を話しました。また、お世話になった方々にメールで東京マラソンに出る事をお知らせしました。もしかしたらテレビに映るかもしれませんもんね(笑)普段はサングラスをして走っていますが当日は自分の姿を見てもらうため付けないで走ります。もしかしたら初恋の人が。・・・・・(爆笑)

 今日はお台場に行く前に月例の父の墓参り、神社へのお参りに行きました。祈った事は、「仕事の安全、家族の健康と安全、日本・世界の安寧」と普段と変わりありません(^^

 スタートからゴールまで3時間~7時間(当日のコンディションで変わります)あるので生まれてから今まで、いろいろお世話になった方々の事を思いながら走ろうと思っています・・・・・・。
by yamasanginga | 2014-02-22 22:07 | 走り込み | Comments(2)

最後の調整

 明日はゼッケンを受け取りに行くので今日が最後の調整です(^^

 当初は5㎞のんびり走る予定でしたが調子がいいので10㎞で途中インターバルを実施しました。10㎞走り終えた後、駐車場まで歩きましたが、(ゆっくりでも走った方が楽だ)と軽く流しました。止まるくらいゆっくりのつもりでしたが6分/kmの速度でした。ここのところ追い込んできたので体の方が余裕ができてきたようです(^^
 
 ピークを本番に持ってこれたようです♪

 時間が余ったので鯉さんにも挨拶に行きました♪
f0087933_18472487.jpg

 テントは出しませんでしたがガスコンロでお湯を沸かしました。寒い中、カップラーメンも紅茶も美味しかったです(^^
f0087933_19689.jpg

 久々の極光テトラです。この竿での鯉とのやり取りはやはり最高ですね♪
f0087933_18481775.jpg

 それでも3.6mの名もなき投げ竿が一番しっくりきます。鯉のパワーを受け止めてしっかり落ち着いて対峙できます。
 最後の一匹はなかなかの重さと粘りでもしかしたらコイケンさんのようにメーターオーバーがっ?!と思いましたが、
f0087933_1924279.jpg

 小太りの70㎝の鯉さんでした(^^

 ボイリーをまいたり龍王をまいたり「鯉さん、いつもありがとうございますっ!おじさんはマラソン走ってくるよ!!」とあいさつしました(笑)




 
by yamasanginga | 2014-02-21 23:38 | 走り込み | Comments(2)

やばいです(笑)

 昨日は休足日と思っていましたが、体が軽いので5㎞走ってみました。

 流しのつもりでしたが走ってみてびっくり!!本当に体が軽いです!!軽く走っても4分/kmの速度が出ます!!4㎞/分を切ることもありました。これがランにおける悟りの境地でしょうか・・・・・。

 昨年11月から取り組んできた成果ですかね!?

 あとは無理せず本番を迎えて自分の走りができればよいと思います。

 紆余曲折ありましたが意外とピークを大会に持ってこれたのかもしれません!!

 最後尾スタートなんてもったいないです!!自分の与えられたスタートエリアからスタートして自分の力を出し切りたいです。

 4分では早いのでkm4分15秒を維持するよう焦らずいきたいです・・・・。
by yamasanginga | 2014-02-21 07:07 | 走り込み | Comments(0)