寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロメテウスの罠2(読書)

f0087933_6182410.jpg

 「プロメテウスの罠2」(朝日新聞特別報道部著・学研マーケティング・2012年7月)

 朝日新聞で特集された原発事故のルポルタージュ記事の続編です。

 「事故で直接的に亡くなった人は一人もいない」と言った電力会社社員がいました。確かにJCOのような重篤な放射能被害を受けた人はいないかもしれませんが(隠しているだけかもしれませんが)それ以上に多くの人が放射能による汚染のため苦しんでいます。
 自分の家にも帰れずご先祖様のお墓参りもできない人。
 震災直後の避難で命を落とした方。
 震災直後は生きていたのに緊急避難命令のため救出されずに亡くなった人。

 このような事に思いはいたらないのでしょうか?

 事故による影響が甚大な原子力発電、それに携わる人こそもっと謙虚に事故とその被害を見なければならないと思うのですが、そのような事には目をつぶるような(目を見開いていても見えない?)人が原発の必要を訴えるのにかなり違和感を感じました。
「このような被害、苦しむ人々の事を考えない(見えない)ような人が原発を動かしたらまた事故が起こるんだろうな・・・・・・。」

2012年53冊
 
by yamasanginga | 2012-09-24 06:17 | 読書 | Comments(0)