寝台急行銀河・アウトドアライフ(もどきかな^^;)を愛するブログです


by yamasanginga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

息子のひきこもり③(親の気持ち)

 学校に行かなくなった息子ですが私も家内もあまり慌てることはありませんでした。

 以前、どなただったでしょうか。芸能人の方だったか、漫画家だったかが、
「学校というものは歯車を作るところ。歯車のように集団の中で働ける人間を養成するところ。それにあわなかったからといって人間失格というわけではない。」
 というようなことをおっしゃっていました。

 親としては歯車になって無難に人生を送ってくれたらと思ってきました。が、子供の頃からの息子の様子を見ていてそれは厳しいかな?という思いも持っていました。

 息子の不登校に接して・・・・・・、来るべきものが来た。といった感じで受け入れることができました。

 それで学校や市の相談員さんと話をしても、「お父さん、お母さんは心配ではないのですか?!」と言われました。

 人にはそれぞれ向き不向きがあります。私としては自傷他害(自分を傷つけたり自殺をする。他の人に迷惑をかける。)がなければその中で人生を過ごしていければよいと常に思っていたので息子がそうである以上、様子を見るしかないと思っていました。
 ただ、人を害するような事があるようであれば命を賭してでも止めなければいけないという気持ちは常に持っています。
by yamasanginga | 2015-03-26 21:09 | 日々の出来事 | Comments(0)